偉人シリーズ

「人生をどう生きるか」。池田名誉会長は偉人の生き方を通して、青年が学ぶべき人生勝利の要諦を示してきました。「ガンジーには人生を変える1日があった」「挫折を知らない――そんなものが英雄ではない」。歴史に名を残す偉人は、逆境をバネに成功を収めてきました。多彩な記録映像や再現映像、池田名誉会長のスピーチなどを通して、人生哲学を学ぶコンテンツです。

  • ヴィクトル・ユゴー ~「一人立つ」不屈の魂~

    創価の哲学と共鳴するユゴーの生涯を描く!

    「ユゴーを読め!」。戸田第二代会長は青年部に何度も呼びかけた。『レ・ミゼラブル』『九十三年』などで知られる19世紀フランスの大文豪ビクトル・ユゴーは、多くの迫害に遭いながらも、一人立つ不屈の信念で、生涯民衆の魂を鼓舞し続けた。一方で悪にはどこまでも厳しかった文豪の生涯を描きつつ、ユゴーから青年が学ぶべき生き方を浮き彫りにする。

  • マハトマ・ガンジー ~ただ民衆のために~

    ガンジーが尻込みしたら歴史は変わっていなかった

    インド独立運動の父 マハトマ・ガンジー。その非暴力・不服従の精神闘争は、キング牧師やマンデラ大統領に受け継がれ、世界に多大な影響を与えた。「偉大なる魂」と評されるガンジーだが、青年時代は臆病で、平凡な青年にすぎなかった。なぜガンジーは「偉人」になりえたのか。池田大作名誉会長のスピーチを交え、青年に熱いメッセージを贈る。

  • ナポレオン・ボナパルト 「わが栄光は、わが不撓不屈にあり」

    時代を動かした英雄の「勝利の要諦」に学ぶ

    60回に及ぶ戦闘を戦い抜いた英雄ナポレオン。その評価は軍人としての功績だけでなく、多くの改革を成し遂げた政治家としての側面にも及ぶ。「勝利を決定づけるのは数ではなく、必ず勝つとの強き一念である」など、現代にも通用する「勝利の要諦」をその生涯から学ぶことができる。

  • ベートーヴェン 「苦悩をつき抜けて歓喜に到れ!」

    苦難に打ち勝った波乱の人生を描く

    楽聖ベートーヴェンの生涯は、20代後半から耳鳴りに悩まされ、ついに聴力を失うなど、決して平坦なものではなかった。最大の苦悩の中で作られた交響曲は、若き日に師匠のもとで、苦闘の日々を送った池田大作青年の心に、勇気の火をともした。楽聖の生涯はそのまま、悩みは人間が向上していくためのバネになることを証明している。

  • ホイットマン 青年よ どこまでも前へ!!

    若き日の名誉会長が愛した大詩人の苦闘の人生

    アメリカの国民的詩人ホイットマンは貧しい家庭に生まれ、学歴は小学校中退でしかなかった。民主主義の真髄を高らかに歌った詩集『草の葉』を自費出版。最初はほとんど売れなかったものの、死ぬまで「挑戦の心」を失わなかった。池田大作名誉会長の若き日の宝の一書となったホイットマンの詩と人生を通じ、青年期の生き方を学ぶ。