一番苦しんだ人が一番幸せに~池田先生と沖縄~

【カテゴリ】
池田先生の行動と軌跡 - 広布史
【本編】
15:34
どこまでも民衆の幸福のために
1960年(昭和35年)7月16日。日蓮大聖人が、時の権力者に立正安国論を提出してから700年目のこの日、池田先生は沖縄への第一歩を刻んだ。
太平洋戦争で本土の捨て石となり、最も辛酸をなめた沖縄。その人々の中へ飛び込み、「一番苦しんだ人を一番幸せにする」との信念で、沖縄の今を築いてきた。その行動と軌跡をたどる。