「励まし」の絆

【カテゴリ】
よくわかる創価学会 - 学会を語るキーワード
【本編】
16:17
苦難から立ち上がる人々の姿
池田先生は、ある少年から「毎日どんなことをしていますか」と聞かれ「人を励ますことです」と答えた。創価学会がなぜ発展してきたかという問いに、「励まし」というキーワードで、その答えに迫る。東日本大震災の被災地でも励ましの連鎖によって苦難から立ち上がる会員の姿があった。村井宮城県知事、岡庭昇氏の声も聞いた。